オンラインカジノの今後の可能性

▶️一つの大きなビジネスの可能性も?

オンラインカジノの今後の可能性が大きくある成長産業となると考えて良いかも知れません。
場合によってはカジノなどを超えていく一つの大きなビジネスの可能性すらあると考えて良いでしょう。

その時にはゲームや映画などの要素を取りいれて、テーマパークのようなエンターテインメント性を兼ね備えていく事になると考えられます。
その理由はカジノに比較して圧倒的にコストがかからないという事があるからです。

ゲームを作るのと同じコストでオンラインカジノは出来ると考えて良いでしょう。
簡単に言えばプログラム開発が出来ればそれでオンラインカジノは出来てしまうという事になります。

これはカジノではまず有り得ないコストでゲームが出来るということになりますから、このコストの削減効果というのは大きな意味を持つ事になるでしょう。
まず、プレイヤーの勝率が圧倒的に高くなりますから、楽しくプレイをしてもらう事が出来るということで、カジノを超えていくという事が考えられます。

カジノのお店よりははるかに高い還元率を設定することが出来る

これまでカジノで楽しくプレイをしていた人もどんどんとこのオンラインカジノの方に入ってくるでしょう。

勝率が五割を超える事はないのですが、カジノのお店よりははるかに高い還元率を設定することが出来るので、プレイをしていて楽しむことが出来るというのが大きな意味を持つ事になります。

ゲームをする時にお金がかかっているのとかかっていないのとでは全く違うという事を感じている人も多いでしょう。
ゲームが楽しくないのはお金がかかっていないからというように言い切る人も少なくはありません。

お金がかかっているという事は、自分の夢をそこに期待することが出来るので、楽しいしワクワクするというわけです。

そして、勝率が上がれば当然楽しい体験も増えるわけで、これはもうリピーターからすると圧倒的な違いという事になるので、オンラインの方に一気に客足が流れるという事が考えられます。

▶️オンラインの方がエンターテインメント性を上げれる

さらには、オンラインの方がエンターテインメント性を上げる事が容易という事も考えられます。
簡単に言えばテーマパーク演出と同じ事をオンラインでは出来るわけで、施設では出来ない事がいとも簡単に出来てしまうということになっています。

最近ではVRやARという仮想現実のような事を感じさせる事も出来るわけですから、もう過剰な施設は要らないという事も考えられる時代にもなってきました。
後はデジタルデータでその情報を送信してあげれば良いわけですから、いとも簡単に様々なシチュエーションを作成することが出来てしまうというわけです。

ゲームに勝てば競馬でいうところの天皇賞に勝った表彰台のようなところを再現する問うような事をしても良いわけですし、演出の方法など考えればきりがないと言ってもいいでしょう。

これがデジタルデータの凄い可能性という事にもなるわけです。
オンラインの場合は圧倒的にユーザーの獲得も出来るということがあります。

世界中からユーザーを獲得することが出来るわけですから、これが如何に大きな意味を持つのかという事も考えなければなりません。
そのため、これから世界的なシェアを獲得するようなところが出てくるという事も考えられます。

▶️世界中のエンターテインメントを牛耳るような組織がこのオンラインカジノの会社から登場する?

カジノというと国ごとに大きな組織が出てくるということがありましたが、このオンラインカジノで出てくる組織はそのようなレベルではなく世界中のエンターテインメントを牛耳るような組織がこのオンラインカジノの会社から登場するという事も考えられるという事です。

何しろ人の感性は同じようなところがあって、多くの人が楽しいと思うモノは当然流行るということになりますから、世界の人が共通で楽しいと感じるカジノがオンラインで登場してくるという事はこれから考えられることだといってもいいでしょう。

これに日本は今のところは参加する気配はありませんが、既にもうインターネット上では様々なゲーム会社がこうした世界のシェア獲得を狙って動いているという事があります。

インターネット上ではゲームもギャンブルも大きな差はありません。

▶️ギャンブルなのかゲームなのかという事は全く分からない

何しろゲームをすること自体にお金がかかっているわけですから、後は景品が現金なのかどうかの違いがあるだけということですから、このような差はデジタルデータではいとも簡単に変えることが出来てしまいます。

そもそも現金もデジタルデータというものに変わってしまっていて、現実のものではなくなっているわけですから、これがギャンブルなのかゲームなのかという事は全く分からいないわけです。

ですから、世界中でこうしたゲーム産業が拡大しているなかで、ギャンブルだからその産業には手が出せないというような事を言っていると、たちどころにシェアを失って、この分野では活躍することが出来なくなると考えて良いでしょう。

デジタルデータになっている段階で、既にそのような考え方は出来なくなっているという事を理解して、これから世界的な競争に勝つという事を考えなければならないようになっているのです。(参考:オンラインカジノ